「Video Game Baton」への解答 (2005.08.02作成)
目次へ戻る
■はじめに
2005年6月ころにちょっとしたブームになった、「Video Game Baton(ビデオゲームバトン)」の私の解答です。
参考サイト→Video Game Batonロータスさんからいただきました。
私のホームページでは唯一の「自己紹介っぽい」コンテンツです。(2005.08.01現在)
*もともとは日記にあったものを移動したものです。
■しつもんに対するこたえ
1.コンピュータに入ってるゲームファイルの容量
 PC内の大きいのは「信長の野望・烈風伝」だけです。
 ・・・が、このゲームはそのままだとバランスが非常に悪いので、
 実行ファイルをバイナリエディタで書き換えて、
 米の収入高とか兵の統率上限値とかのパラメータを自分好みに変更した実行ファイルが大量に存在してました。
 1GBくらい。今、調べてびっくりしたので、使ってないのは消して200MBにしました。
 あと、ゲームのファイルじゃないですが、研究用に録画したDQ5の動画ファイルは6GBほど(ぇ

1.持っているゲームの本数
 今、すぐにプレイできるのは、PSのソフト4本、PS2のソフトが4本、PC上で信長の野望が2本の計10本。
 スーファミが10本、ファミコンが10本、ゲームボーイが4本くらいあるけど、今手元にはないです。
 本数的には、あんまりゲーマーではないです。
 幼少の頃、頻繁にゲームを買えない環境だったので、1本のソフトで1年2年遊ぶ癖がついてます。
 これがいまだに抜けてない・・・。

2.今進行中のテレビゲーム
 FF10だけ。プレイ時間8時間くらい。
 PS2版DQ5もちょくちょくやるけど、RTAは「進行中」という状態で置かれることはないですね。
 近々DQ8の調査プレイを始める予定です。

3.最後に買ったテレビゲーム
 FF10。
 確か中古で3343円。(←聞かれてない)
 この日は自転車が大破して、自転車も9800円で買い換えました。(←聞か(略

4.よくプレイする、または特別な思い入れのある5つのテレビゲーム
 多分わかってると思いますが、ドラクエばっかりになります。(笑
 1)PS2版DQ5 僕が初めて「ゲームを通じて何かを外に発信した」作品。
     なので、思い入れは段違いです。それを差し引いても面白い(かわいい?)ゲームと思います。
 2)SFC版DQ5 今までプレイした全てのゲームの中で、最も感情移入しました。関連コンテンツ
 3)実況パワフルプロ野球2000決定版(PS版)
    サクセスにはまりました。山手線の29駅名+「うに」の30人で1チーム作りました。
    背番号は、渋谷が0で、あと時計回り。そして「うに」は11番。
    みんなオールAとかじゃなく、全員の選手に存在価値があるようなチームにするための
    キャラ設定を考えるのが楽しかった。
    「渋谷」「新宿」「池袋」のクリーンアップトリオ、
    エース「東京」、ストッパー「代々木」(←佐々木に似てるから)とか、思い出すだけで楽しい。
    ・・・コンテンツとして書きたくなってきた。
 4)FC版DQ3 はじめて最後までプレイしたドラクエ。このゲームだけで4年くらい過ごしてました。
    ちなみに、DQ4を買ったのは1993年。
 5)スーパーマリオブラザーズ(FC) 人生最初にプレイしたVideoGame。
    と書くと、ある程度年代がばれてしまいますね。で、もちろん1日1時間。

5.バトンを渡す5名
 季節はずれっぽいので、回すのはやめときます。
 ただし、「右弐って人からまわってきた」と称して、勝手に書いてしまうのは一向に構いません(←何?
■おしまい
広告 [PR]スキンケア  転職 化粧品 無料 ライブチャット